悪性リンパ腫の治し方

悪性リンパ腫の生存率

悪性リンパ腫は、いくつかの病型で治療効果の高い方法が見つけられ、その生存率は他のがんと比較して高くなっているのです。

 

がんは治療を始めてから5年再発が認められなければ、治癒したとみなされます。

 

がん治療の成果を示す数値の目安として、5年生存率は様々ながんにおいて採用されています。

 

悪性リンパ腫は、がん細胞が増える速さにより低悪性度、中悪性度、高悪性度に分類し、さらに進行度によって「ステージ(病期)」を判定します。

 

治療の成果や5年生存率は、病期によって異なります。

 

悪性リンパ腫の病期ごとの5年生存率は、ホジキンリンパ腫の場合、T期90%、U期80〜90%、Va期65%〜90%、Vb期50%〜80%、他臓器に転移がみられるW期でも40〜65%と高くなっています。

 

一方、非ホジキンリンパ腫は、低悪性度だと早い段階での発見率が低く、見つかった時には進行期であることが大半です。

 

5年生存率は、低悪性度のT期、U期で70〜90%、V期、W期では50%〜70%とホジキンリンパ腫よりも低くなり、中等度、高悪性度になると、T期、U期で70〜90%、V期、W期に至っては40〜50%となっています。

 

悪性リンパ腫には、低悪性度はゆっくりと進行するものの抗がん剤の効果が出にくく、月ベースで進行する中悪性度、週ベースで進行する高悪性度は抗がん剤の効果が現れやすいという特徴があります。

 

抗がん剤などを用いての化学療法が、悪性リンパ腫に効果的であることは世界的にも認められています。

 

緩解率は全体で90%、5年生存率も40〜50%となっており、ステージが進行していなけい状態であるほど高い治療効果が出ています。

悪性リンパ腫の生存率関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

悪性リンパ腫の生存率