悪性リンパ腫の治し方

悪性リンパ腫と白血病の違い

悪性リンパ腫とリンパ性白血病は同じ血液の病気ですが、似ているようで全く違うものです。

 

リンパ性白血病は、白血病の中でリンパ球にがん細胞が発生するという病気です。

 

リンパ球ががん化し悪性腫瘍となる部分は同じですが、癌化した細胞が増殖する場所が、リンパ性白血病の場合は、悪性リンパ腫とは違って骨髄や血液なのです。

 

このような簡単な説明では、悪性リンパ腫とリンパ性白血病の違う点を理解するのはなかなか難しいものですが、血液が作られていく方法と病気との関係が理解できれば幾分理解できるのではないでしょうか。

 

血球(白血球・赤血球・血小板)の元となるのは、骨髄の中で作られる「造血幹細胞」なのです。

 

造血幹細胞は、「リンパ系幹細胞」と「骨髄系幹細胞」という2つの細胞に分かれた後、進化してそれぞれの血球になります。

 

この造血幹細胞の分化の時点でがん細胞が発生するのが「慢性骨髄性白血病」というものです。

 

造血幹細胞から分化した骨髄系幹細胞は、各血球(白血球、赤血球、血小板のいずれか)になるための前駆細胞(細胞に成熟する前段階)となった後、それぞれの血球になるのですが、この幹細胞から前駆細胞に分化した時にがん細胞が発生すると「急性リンパ性白血病」となってしまいます。

 

悪性リンパ腫は、同じく造血幹細胞から分化したリンパ系幹細胞から発生します。

 

リンパ系幹細胞は各リンパ球(NK、T、Bリンパ球のいずれか)の細胞になるための前駆細胞へと進化した後、それぞれのリンパ球となるのですが、この前駆細胞が細胞へ進化する段階で腫瘍ができてしまうのが「悪性リンパ腫」という病気です。

 

そして「NK、T、Bリンパ球」に進化した後で細胞ががん化すると「骨髄腫」や「慢性リンパ性白血病」となってしまうのです。

悪性リンパ腫と白血病の違い関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

悪性リンパ腫と白血病の違い