悪性リンパ腫の治し方

悪性リンパ腫を発症する部位

悪性リンパ腫とは、扁桃や脾臓、リンパ節などのリンパ系組織の細胞が癌化する病気です。

 

血管と同じように全身に細い管のように広がるリンパ管と、同じように全身に存在し、リンパ管の間に存在するリンパ節とでリンパ系組織は構成されています。

 

リンパ節には感染症を予防する為の細胞を作り、蓄える働きというものがあります。

 

リンパ系組織は骨盤や足の付け根、腹部、脇の下、頸部に特に集中していますが、扁桃・脾臓・胸腺にも存在します。

 

悪性リンパ腫は、このようにリンパ管やリンパ節が全身に存在しているために、全身の様々な部分で起こりうる可能性がある病気なのです。

 

主要な臓器や器官が多く、免疫の役目を担うリンパ組織が身体の中で特に集まっている部位は、胸部や頸部なのです。

 

悪性リンパ腫が進行するとこれらの部位のリンパ節が腫れていき、体重の減少や、発熱、寝汗といった症状がみられ、次第に体内の各器官へと転移をはじめるのです。

 

ウイルスや細菌が体内に入り込んでも、通常はリンパ球や白血球がすぐに退治して病気から身体を守ります。

 

しかし、リンパ球や白血球が負けてしまうほどの強い病原菌が侵入すると、リンパ管から発生した炎症がリンパ節まで拡がり、しこりとなって現れるのです。

 

足の付け根や脇の下、首などにできるしこりは、身体の表面に程近いリンパ節の腫れが原因です。

 

しこりを指で押して痛みが感じられないようであれば、早急に専門医を受診する必要があります。

 

悪性リンパ腫は、様々な臓器のリンパ組織やリンパ節で発症しますが、日本人に多いとされる非ホジキンリンパ腫の50%近くは、肺や胃腸管のリンパ組織が発症元となっているそうなのです。

悪性リンパ腫を発症する部位関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

悪性リンパ腫を発症する部位