悪性リンパ腫の治し方

稀にみられる悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の中で、40〜50代に発症率が高いとされている骨の悪性リンパ腫という病気があります。

 

「細網肉腫(さいもうにくしゅ)」と呼ばれるこの病気は、骨と骨以外の身体の様々な部分で発生したがん細胞が、骨へと転移して発症するのです。

 

細網肉腫を発症すると、腫れやジンジンと疼くような痛み(疼痛:とうつう)などの症状が現れ、骨ががん細胞の組織を侵されるために骨折を起こしやすくなり大変危険です。

 

手術で腫瘍を取り除いた場合と、放射線療法と化学療法を並行して行なう治療とでは、治療効果に大差はないとされています。

 

しかし、症状の進み具合次第では、外科的手術によりがんの発症部位を切断しなければならない場合もあるのです。

 

また、悪性リンパ腫は、脳にも転移することがあり、これは「脳リンパ腫」と呼ばれています。

 

エイズ患者に発症率が高いと言われていますが、免疫システムに特に異常のない人に発症するケースも増加傾向にあり、現時点でその原因はきちんと解明されていないのです。

 

さらに悪性リンパ腫は、小腸や胃でも発病する場合があるのです。

 

胃の場合はヘリコバクター・ピロリという細菌が発症に関係しているとされています。

 

外科手術により腫瘍を取り除き、その後放射線療法と化学療法を行なう治療が高い効果があり、治癒するケースもあるのです。

 

小腸の悪性リンパ腫の発症部位は、下部にある回腸または中央部の空腸です。

 

腹部の内に何らかの病気を持っている場合に発症しやすいとされ、発症した部位は硬化し、細長く変化していきます。

 

治療には放射線療法と化学療法が効果的で、延命率も高くなっているそうです。

稀にみられる悪性リンパ腫関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

稀にみられる悪性リンパ腫