悪性リンパ腫の治し方

悪性リンパ腫の放射線治療に対する疑問

悪性リンパ腫の治療は、効果が高く副作用も少ない放射線治療が多く行われます。

 

しかし、未経験の治療法にはさまざまな疑問や不安が生じる事でしょう。

 

放射線治療を受ける際、タバコやお酒は大丈夫なのか考えることでしょう。

 

お酒は少量ならば問題ないのですが、粘膜に炎症がある場合には飲まないことをお勧めいたします。

 

タバコは、放射線の効果を著しく抑えてしまう上に副作用が起こる確率を高め、症状も重くなってしまいます。

 

身体の負担を軽減し、充分な治療効果を得るために治療中は禁煙をお薦めします。

 

悪性リンパ腫の放射線治療中に、お風呂に入って良いか迷う人も多いのではないでしょうか。

 

放射線治療では正確に照射するために身体に印をつけて行います。

 

そのため、印が消えないように気を付ける事と、照射で弱くなっている皮膚を強くこすらないことを注意すれば、衛生面からも入浴はした方が良いと言えるでしょう。

 

治療の跡が残らないのかと不安に思う人も居るでしょうが、基本的には皮膚に放射線の跡が残るようなことは無いようです。

 

しかし、肌質によって乾燥しやすくなってしまったり血管が浮いたようになる場合があります。

 

副作用も多くの方が不安に感じることでしょう。

 

副作用自体を治す薬は残念ながらありませんが、どんな副作用が起こるかによって、軽くする薬を処方したりするなどの方法はあります。

 

最後に、悪性リンパ腫の放射線治療を受けながら、仕事を続けたり、家事をしたりすることは可能なのでしょうか。

 

悪性リンパ腫の放射線治療のみなら通院が可能なため、仕事や家事をしながらでも十分対応できるでしょう。

 

ただし、化学療法と並行して行う場合は、ある程度の期間は治療に専念することをお勧めします。

悪性リンパ腫の放射線治療に対する疑問関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

悪性リンパ腫の放射線治療に対する疑問