悪性リンパ腫の治し方

悪性リンパ腫の治療 −自家造血幹細胞移植、自家抹消血幹細胞移植−

悪性リンパ腫の治療方法は色々なものがあります。

 

その中で、自家造血幹細胞移植、自家抹消血幹細胞移植といわれる治療方法は、自分自身の体内から幹細胞、あるいは抹消血を採取し、癌細胞をろ過して綺麗な状態にした後、再び体内に戻す免疫療法というものです。

 

まず、化学療法や放射線治療などによって、一時的に悪性リンパ腫の症状を抑制し、次に他に疾患がないかを確かめるためのさまざまな検査を行うのです。

 

この段階で万一疾患が見つかった場合、程度によってはそのまま移植をすると生命の危険にさらされる可能性もあるため、必要であれば治療を行った後で移植をすることになります。

 

検査で異常がなければ血液の採取を行い、骨髄を空の状態にしてしまう為、大量の抗がん剤による化学療法と放射線照射を全身に行い、骨髄を破壊する前処置といわれる処置を行います。

 

その後、事前に採取した血液中の悪性リンパ腫のがん細胞をろ過によって消し、再び体内に戻して骨髄への定着を待ちます。

 

ただし、前処置やろ過は大変難しく、治療効果は充分とはいえない部分もあるのです。

 

血液のろ過によりがん細胞が完全になくなるという保障はなく、再発の可能性があり得るのです。

 

また、前処置には大量の抗がん剤投与を行うために骨髄の機能がしばらくの間戻らなかったり、時には一生100%元の状態には戻らないケースもあり、合併症が起こる場合もあります。

 

しかし、悪性リンパ腫の症状の程度により有効性は異なり、日常生活を問題なく送れる程度にまで症状が改善されている状態で移植する場合には再発の可能性が低いとされているのです

悪性リンパ腫の治療 −自家造血幹細胞移植、自家抹消血幹細胞移植−関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

悪性リンパ腫の治療 −自家造血幹細胞移植、自家抹消血幹細胞移植−