悪性リンパ腫の治し方

悪性リンパ腫の治療 −自然療法−

悪性リンパ腫には化学療法や放射線療法などの様々な治療法があり、自然療法もそのひとつの方法です。

 

自然療法とは、薬を使わず、身体が本来持つ治癒力で病状を和らげるという方法を言います。

 

また、悪性リンパ腫の抗がん剤治療の副作用である吐き気や内臓機能の低下などの症状を軽減させるために、他の治療法と併用して行われる場合もあります。

 

自然療法には、足裏や手を刺激するリフレクソロジーという療法があります。

 

足裏や手には内臓や身体の各器官の状態を表している部位(反射区)が多数あり、反射区を刺激することで身体が本来持つ治癒力を高め、調子を整える作用があるのです。

 

リンパや血液の流れをスムーズにし、新陳代謝を促し老廃物を排出させる効果がある他、足裏の刺激はとても気持ちが良いので、ストレスを軽減してリラックス効果も期待でします。

 

また、悪性リンパ腫の自然療法には、鍼灸による療法もあります。

 

鍼灸も人が本体持っている病気を治そうとする力を最大限に引き出し、症状を和らげていく方法なのです。

 

病気を抱えている身体は気の流れが悪いと考えられるため、気の流れを整えていろいろな病状を軽減させていくのが鍼灸治療の特徴でもあります。

 

鍼灸治療では、症状に効くとされるツボがお腹や腰周りを中心に多数あるため、お腹付近を中心に行われます。

 

針を使った針治療やお灸で温めて刺激する灸治療、鍼灸院によってはカッピングを行うところもあります。

 

悪性リンパ腫の症状である痛みやしびれを軽減したり、神経機能や内臓の働きを活発にしたりする効果があり、免疫力を高めるには効果的な療法といえます。

悪性リンパ腫の治療 −自然療法−関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

悪性リンパ腫の治療 −自然療法−