悪性リンパ腫の治し方

悪性リンパ腫の治療 −サイモントン療法−

悪性リンパ腫の治療法として近年注目されているのは、サイモント療法と呼ばれる治療法です。

 

サイモント療法とはどういったものかというと、直接薬など投入して身体的にがん細胞を死滅させる治療法とは違い、心をケアすることによって癌と闘おうという気持ちを芽生えさせるセラピー療法なのです。

 

元々はアメリカの癌研究学者カール・サイモント博士が作り上げたセラピープログラムで、現在は日本でもプログラムを受けることができます。

 

悪性リンパ腫のような癌を患うと、どうしても患者の心は重く沈み、治療に対しても後ろ向きになりがちでしょう。

 

そんな暗い心を明るく前向きに変え、人間が本来持つ自然の治癒力を高めてがん細胞の進行を抑えることがサイモント療法の目的です。

 

長く生きる、悪性リンパ腫に打ち勝ってみせるという決意をもって治療にあたるのとそうでないのとでは、回復の度合いも大きく違ってきます。

 

サイモントン療法は、気持ちをゆったりし心身をリラックスさせ、自分の病気がどのように回復していくかを頭の中で細かくイメージし、繰り返し続けていくことが重要です。

 

マイナスイメージが浮かんだらプラス思考で打ち消し、気持ちの切り替えを図ることも大切な事です。

 

サイモントン療法では、よりイメージしやすいように映像を見たり、絵を描いたりという方法が用いられることも多いようです。

 

必ず治るんだと信じる事で、無限の治癒力が生じると言われています。

 

実際にサイモントン療法を受けた悪性リンパ腫患者の中には、希望を持って治療に取組むことができ、余命が伸びたという人も存在しているのです。

悪性リンパ腫の治療 −サイモントン療法−関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

悪性リンパ腫の治療 −サイモントン療法−