悪性リンパ腫の治し方

悪性リンパ腫の先進的治療

悪性リンパ腫の治療法には、今まで抗がん剤治療や放射線治療、手術が三大治療として広く取り入れられてきました。

 

しかし、抗がん剤などの化学治療は副作用が強く、痛みや倦怠感などに悩まされることが多いという大きなデメリットがあるのです。

 

そこで悪性リンパ腫の先進的治療として、「免疫細胞療法」という治療法が近年注目されています。

 

免疫細胞療法とは、わずかな量を採血し、体外で血液に含まれる免疫系の細胞を増殖させて再び体内に投入する治療法の事で、「自己活性化リンパ球療法」とも呼ばれているのです。

 

免疫細胞療法には、他にも、免疫力が落ちているために働きが弱まった細胞を助けるため、癌細胞を撃退するのに有効な強い細胞を増殖して体内に戻す「混合型自己活性化リンパ球療法」という方法や、リンパ球に癌細胞を撃退するよう命令を与える細胞を増殖させ、再び体内に戻す「樹状細胞療法」という方法等があり、抗がん剤や放射線治療と併用したり、術後に再発を防ぐために行われる場合もあるのです。

 

免疫細胞療法は、免疫学や細胞工学など、専門の医学の理論を用いて繰り返し研究を行い開発された悪性リンパ腫における最新の治療法であり、現在では全国の様々な医療機関で採用されています。

 

免疫細胞療法のメリットには、自分の血液を採取して行う為、抗癌剤治療のような辛い副作用が少ないという点が挙げられます。

 

そのため治療もあまり辛くなく、積極的に治療に臨もうという気持ちにもなれることから高い治療効果を得られる可能性も期待できるのです。

 

また、悪性リンパ腫の治療中であっても、普段とあまり変わらない生活ができるのも魅力といえるでしょう。

悪性リンパ腫の先進的治療関連エントリー


悪性リンパ腫の種類や治療法などを分かり易く紹介します

Copyright (C) 2010 悪性リンパ腫ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

悪性リンパ腫の先進的治療