住宅ローン繰上返済の理由とは?

住宅ローンの繰り上げ返済をする理由として一番大きいものは、ローン返済の軽減です。
ローン負担は家計を圧迫していることが多く、子供の成長や進学により発生する新しい支出に対応できないこともあり得ます。
また、将来のリストラや会社の倒産で給料収入が激減することもあり得ます。
これらのリスクをできる限り減らしていくために住宅ローンの繰り上げ返済が必要なのです。
住宅ローンのような長期ローンは返済期間中に何が起きるかわかりません。
自動車ローンなどと違って、支払が苦しいから車を手放すというようなことができないのです。
そのため、住宅ローンはリスクが非常に大きく、その開始には細心の注意が必要だと言われているのですが、繰り上げ返済により更にリスクを軽減することができます。
住宅ローン審査はOLでも通る?年収の基準!【借りやすい場合とは?】